会社沿革|カスタム電源機器メーカーの双葉電気

  1. カスタム電源機器メーカー 双葉電気 HOME > 
  2. 会社案内 > 
  3. 会社沿革

会社沿革

1962年2月 株式会社双葉工業所が各種信号用機器(リレー、トランス、ソレノイド等)の組立生産を開始。
1972年8月 電子機器等の設計開発部門を新設し、それらの設計開発を開始する。
自社製電源装置の販売会社および米国フェアチャイルド社の半導体製品の販売代理店として双葉電気株式会社を埼玉県与野市(現さいたま市)に設立。
千代田区外神田に東京営業所を設立。
1973年8月 長野工業地域に販売拡張するため、長野県松本市に営業所を開設。
1976年4月 業務拡張のため、双葉電気株式会社東京営業所を千代田区麹町に移転。
1980年6月 沖電気株式会社と沖電子部品の販売を目的とした特約店契約を結ぶ。
1981年7月 北関東地域に販売拡張のため、埼玉県浦和市に埼玉営業所を開設。
1989年4月 業務拡張のため、福島県梁川町に福島工場を開設。
1990年9月 ナショナルセミコンダクタージャパン株式会社と半導体製品の販売を目的とした代理店契約を結ぶ。
1990年11月 ニカド電池を対象とした急速充電器の販売を開始。
1994年10月 業務拡張のため、双葉電気株式会社東京営業所を文京区後楽に移転。
1995年7月 リチウムイオン電池を対象とした急速充電器の販売を開始。
1996年5月 オリジナル回路方式の”共振型”スイッチング電源を完成。同回路方式によるACアダプター45W・60Wシリーズの販売を開始。
1997年6月 無線機器(極小ノイズ対応)医療機器(極小漏洩電流・極小ノイズ対応)搭載用”共振型”カスタムスイッチング電源の販売を開始。
2002年7月 7つの充電制御機能搭載、ニッケル水素電池専用標準充電器MQCHシリーズの販売を開始。
2002年10月 業界最大容量のACアダプターRC120シリーズを共振回路の採用で販売開始。
2004年1月 ISO 14001認証取得(本社)。
2006年7月 業務拡張のため、双葉電気株式会社東京営業所を文京区湯島に移転。
2006年9月 リフレッシュ機能付ニッケル水素電池専用標準充電器『MQD』の販売を開始。
2006年12月 株式会社双葉工業所と双葉電気株式会社が合併。資本金を4,000万円に増資。
2010年8月 待機電力対応、低ノイズのACアダプター『RC120Gシリーズ』の販売を開始。
2011年6月 ISO 9001認証取得。
2012年10月 待機電力対応、小型低ノイズACアダプター『RC60Gシリーズ』の販売を開始。
2014年3月 業務拡張のため、本社営業部と東京営業部を統合し、さいたま市大宮区吉敷町へ移転。

自社設計・生産の標準製品の他、カスタム製品開発も承ります。
電源、電池、充電器のこと、まずはお気軽にご相談ください。

pagetop